合宿免許を選ぶ基準は

合宿免許を選ぶとき、何を基準にするか覚えておいてください。

まず、合宿免許をする部屋が個室であるか相部屋であるかで判断します。

一人部屋でないと眠れないなどの問題がなければ、相部屋が良いようです。



料金が安くなり、また免許をとるという同じ目的があるのですぐに友達になり、お互いに励ましながら勉強ができます。

次ぎはインターネットの環境が整っているかどうかの基準です。

学生で合宿免許を取る時間も勉強のためにインターネットが必要だという方には、パソコンが必須でしょう。



現在は無線のみの環境が多く、携帯電話も合宿をする場所によっては繋がらないことがあるので確認が必要な事項です。

その次に重要なのが食事です。

2週間という長い時間を過ごすので、栄養は勿論、勉強の合間の楽しみとなる時間です。
学校によっては地域で採れる食材にこだわったり、専任のシェフがいたりケーキのバイキングがある場合などもあります。

また、自炊のプランもあり、料金が低く設定されています。


合宿免許の参加費用には、教習費や宿泊費、食費(1日3食)、交通費が基本的に含まれて居ます。

これは教習所やコース、時期によって料金が異なりますが、卒業まで追加の費用が一切掛からない学校もあります。

学校によっては交通費の補助が出ることもあるので、問い合わせてみてください。



教習所の教官が親しみ易い方が免許も取り易いと思いますので、この場合イベントを行っている所や生徒と一緒の写真が多くある学校などを選んでみましょう。